「細郷・里山会(代表者・横田靖さん)」が、昨年10月、『細河の「野の花」100』という野草ガイドブックを発行しました。多くの生き物が生息する細河地区の豊かな里山環境を知ってもらおうと、12名のメンバーが、観察会でよく見られる草花から100種を選び、それぞれ花の写真と基本的なデータ、そして「メモ」を添えていきました。普通の草花図鑑と違い、この「メモ」には、担当したメンバーの花に対する想いがこめられており、ガイドブックの特色にもなっています。緑のセンターで、1冊300円で販売していますので、どうぞお買い求めください。
昨年のグリーンエコー通信5月号で紹介しましたが、今年度、五月丘小学校の3年生が、総合的な学習の時間に五月山の自然について学んでいます。1学期、2学期は自然観察インストラクターの指導で現地調査。3学期は、歴史民俗資料館で五月山の歴史を学び、また、毎日欠かさず五月山に登っている人にも聞き取り調査、班ごとにまとめていく予定です。その成果を、緑のセンターギャラリーで展示発表してくれるというのですから楽しみなことです。
展示の期間は、2月27日(水)〜3月4日(月)まで。研究成果とともに、生徒のクラフト作品もあわせて展示します。五月山で自然の材料を集め、1月下旬〜2月上旬の図工の時間に作品を制作するそうですが、その材料集めをどうするか。手伝いますよと言ったものの、なにせ72人分の材料ですから大変です。すがたに広場に集積しているものは、いくらでも使ってくださいと言っていますが、松ぼっくりやハンノキなどの木の実(乾燥して堅い実がよい)、木肌のきれいな小枝、ツルなどがあれば、皆さんも集めておいてください。
ところで、グリーンエコーの「里山クラフト展」。緑のセンターで、例年花見客の多い4月上旬に行っていますが、今年の開催意向を聞かれています。メンバー高齢化の影響で、作品がそろうか若干心配なところがあります。作品出展可能な方はご連絡ください。
さて、今年は1月6日が「寒の入り(小寒)」。立春は2月4日ですので、2月3日までが「寒の内」です。大寒は1月20日で、その日になんと「大寒の瞬間」なるものがあるとのこと。今年は、「1月20日17時9分」だそうです。寒さに気をつけてお過ごしください。(清水)

【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *1月16日 2月6日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
2月の活動はありません
里山・あそび隊  第9回活動(雨天27日に延期)
 *1月20日(日)  9時30分〜14時
 *集合  9時15分 池田駅前てるてる広場
 *活動テーマ『ケモノたちを追跡しよう』

 
  モニタリング1000調査
<植物調査> (少雨決行)
 2月 3日(日) 8時30分  緑のセンター