2月26日、大阪管区気象台から、ウメが開花したと発表がありました。観測している標本木は、大阪城公園梅林にある白梅(品種名:白加賀) 。開花の平年値が2月10日ですから、今年の開花は16日遅れ。ちなみにツバキの開花はというと2月27日で、平年より25日遅れ。やはり今年の寒さの影響か…思ったのですが、タンポポの開花も同じ2月27日で、 平年値の3月21日に比べ、逆に22日早い開花。そう単純ではないですね。スギ花粉の飛散量も増えてきました。季節が突然春に変わったような暖かい陽射しですが、このまま暖かくなってほしいものです。
「茶臼山古墳(五月丘1丁目)」の保護工事がほぼ完成してきています。茶臼山古墳は、古墳時代前期(4世紀)に築造された前方後円墳。入り口横の解説板には、『1957年に始まった「五月丘区画整理事業」で破壊の危機に直面しましたが、 池田の郷土史家らの保存運動で、当時の日本住宅公団が事業計画を変更、茶臼山公園として残されることになりました。市民だけで自主的に行われた茶臼山古墳保存運動は、戦後の文化財保護運動としては画期的なできごとでした。』 と記されています。
工事は、長年の風雨で流され形が変わってきた墳丘の法面を保護しながら、古墳の復元を図っています。墳丘の頂に登ってみました。クヌギなどの大木がきれいさっぱり伐採され、丸く土が盛られて以前よりもかなり高くなったように感じたのですが、 実際には40〜50pしか高くなっていないとのこと。しかし驚いたのは、そこから展望できる景色の素晴らしさです。
中山連峰から六甲山系の山々、大阪のビル街や千里丘陵の街並みなど、標高85m足らずの丘とは思えない雄大な景観が広がります。住民からの要望対策として北側に設置された目隠し板が若干残念ですが、落葉時がお勧めですので、 ぜひ新葉が展開するまでに訪れていただきたいと思います。工事検査が終わって開放されるのは、3月20日過ぎになります。(清水)

2018年度年会費納入のお願い 
*年会費 一家族につき1,000円
*郵便振替口座番号及び加入者名
00990-5-104215 五月山グリーンエコー

【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *3月7日・21日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
 * 3月10日(土)(雨天中止)
 * 9時30分〜12時 五月山体育館の下
 * 南〜東 道沿いのやぶ整理
里山・あそび隊 第11回活動 (雨天決行)
 *日時 3月25日(日)  9時30分〜14時
 *集合  9時15分 緑のセンター 
 *テーマ「一年の活動発表・閉舎式」   
モニタリング1000調査
<植物調査> (少雨決行)
 *4月 1日(日)8時30分 緑のセンター
里山クラフト展
 *日時 4月 1日(日)〜4月9日
 *展示準備 3月31日(土)午後3時