環先月、五月丘小学校3年生担任の先生が、緑のセンターを訪ねてこられました。「総合的な学習の時間に五月山のことを学びたいのだが、指導してもらうことができないか。」との依頼です。五月丘小学校に来て3年目の若い先生なので、これまで私たちが総合学習に関わってきていたことは、あまりご存知ではなかったかもしれませんが、市内の各小学校から依頼を受けて、毎年のように総合学習のお手伝いをしています。
活動記録を見ますと、最初の「授業」はグリーンエコー発足4年目の1999年。石橋小学校4年生を対象に、すがたに広場横のスギの間伐を指導しました。2000年から数年間は、「竹炭焼き体験教室」のプログラムを作って、石橋小学校、池田小学校など受け入れるとともに、子ども会や市民の森をつくる会主催の体験教室を実施してきました。
その後、竹炭焼きは行わなくなりましたが、2005年から、五月丘小学校5年生を対象に自然観察教室を指導しました。テーマは「五月山の生き物のふしぎ」。自然観察インストラクター連絡会との協働事業で、秋1回の観察会を、15年まで11年間継続しました。今は、小学校の総合学習指導は毎年あるものの、単発のものばかり。五月山の地元である五月丘小学校でも昨年途切れてしまいました。ぜひ毎年取り組んでいただきたいと思うのですが…。
そのかわり継続しているのが、NPO協議会主催の「里山・あそび隊」。今年で10年目になります。子どもたちを山に誘うのは、『五月山を大切にしたいと思う心は、五月山と触れ合った体験の中から育つもの。子どもたちに、五月山の自然の中で楽しい時間を過ごさせたい』と考えているからです。今年も定員を大きくオーバーする申し込みが来ているようです。第1回活動は、5月27日(日)に行います。
さて、今年の五月丘小学校3年生の総合学習は、1年間を通して実施していきます。1学期は、五月山の歴史を学んだあと、五月山を歩いて、それぞれが興味のあることを見つけてもらう予定。グリーンエコーの役割は、子どもたちと山を歩いて(6月7日実施予定)、五月山の現状と自分たちの活動目的を伝えること。2学期以降は、手紙やメールで子どもたちの質問に答えることになると思います。(清水)

【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *5月16日・6月6日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
 * 6月 9日(土)(雨天中止)
 * 9時30分〜12時 五月山体育館の下
 * 南〜東 道沿いのやぶ整理
モニタリング1000調査
<チョウの調査> (好天時実施)
  5月26日(土)13時    緑のセンター
<野鳥の調査> (雨天の時は9日に延期)
  6月 2日(土)5時30分  すがたに広場
<植物調査> (少雨決行)
 *6月 3日(日)  8時30分 緑のセンター