『栗花落』って何て読むでしょうか。6日の朝のNHKお天気ニュースで紹介していたのですが、『ついり』<「つゆり」としているものもある>と読むそうです。『栗の花が落ちる頃に梅雨入りする』との意味。知らないととても読めませんね。インターネットで検索すると、苗字が『栗花落』の人が、神戸や小豆島など全国でおよそ60人いて、全国順位で40,864位だそうです。よく調べたものです。さて、咲き始めは真っ白だったクリの花は、今では茶色っぽく変色し、落ちてきています。5日は中国地方で梅雨入り発表、6日は近畿でも梅雨入りになりました。
クリの花と言えば、アカシジミがよく集まってくるのですが、緑のセンター近くの水道施設のクリが伐採されたことで、今年は1頭しか目にしていません。そのかわり目につくのが、ゆらゆらと飛び回る白い蛾。
「キアシドクガ」というドクガ科の仲間です。前脚が黄色いのでこの名があるのですが、毛虫の時期も成虫も毒は持っていません。幼虫は、クマノミズキやエゴノキを食べ、年1回、5月末〜6月に羽化します。ときに大発生することがあるのですが、5年以内に終息するとのこと。また成虫の寿命は数日と短いので、今年はまもなく姿を消すと思います。
6月3日、猪名川町の大野山に登ってきました。大野山と言えば、猪名川の源流。天文台やキャンプ場があるなど、兵庫県立の猪名川渓谷自然公園に指定され、山頂まで車で登ることができます。山頂から見渡す360度の景観は爽快。ちょうどこの日は、町主催の「第4回いながわ猪道(ししみち)トレイルラン」が行われていました。最長距離の「ワイルドクラス」は、山麓の大島小学校から大野山山頂を経由する20km。260名の定員いっぱいのエントリーがあったようです。
「トレイルランニング」とは、森や山中、自然公園などの『未舗装の道』を走るスポーツ。自然の中を行く爽快感が受け、この数年で愛好家が急増しているようです。ただ、私のこの日の歩くコースと重ならなかったのでよかったのですが、もし同じコースだったら困っただろうなと思います。参加者とともに、一般の人の安全対策も大変でしょうね。
                                             (清水)
【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *6月20日・7月4日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
 * 7月14日(土)(雨天中止)
 * 9時30分〜12時 五月山体育館の下
 * ゴミ清掃・遊水池の草刈り
里山・あそび隊  第2回活動(雨天24日に延期)
 *6月17日(日)  9時30分〜14時
 *集合 緑のセンター 9時15分
 *活動テーマ『虫を探そう』
モニタリング1000調査
<チョウの調査> (雨天中止)
  6月23日(土) 13時     緑のセンター
<植物調査> (少雨決行)
 *7月  1日(日)  8時30分  緑のセンター