残暑お見舞い申し上げます。連日「災害級」と言われるほどの猛暑。外出を控えている方もおられるのではないでしょか。気象庁は8月1日、7月の天候まとめを発表しました。それによると、『*7月の東日本の月平均気温は、平年を2.8度上回り、1946年の統計開始以来最も高かった。*7月23日に、埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を記録した。(これまでの記録は、高知県四万十市で2013年8月12日に記録した41.0度)*西日本の平均気温は、平年を1.6度上回り、(1994年に次いで)過去2番目に高かった。*西日本のうちでも、近畿地方は平年を2.4度上回り、(1994年と並んで)最も高かった。』とのことでした。
こうした猛暑、大きな災害を引き起こした西日本豪雨、初めて東から西へ逆走した台風など異常気象について、気象庁の予報官は、『30年に一度以下の頻度で起こる異常気象であったと言える。起こるはずのないことが起こったわけではない。地球温暖化が進行し、大雨や顕著な高温が長期的に増えている。将来も増えると予想される。』と説明しています。
8月6日は、岐阜県下呂市で41.0度、8月8日には美濃市でも41.0度といずれも観測史上2位を記録。新聞記事には、『美濃市の「うだつの上がる街並み」では人通りがまばら。』と出ていました。「うだつの上がる街並み」とは、暑さを逆手に取って売り込んでいるのかなと思ったのですが、屋根の一部を高くして、火災の類焼を防ぐために造られた防火壁(うだつ)が残る江戸時代の伝統的な街並みのことでした。
一方、暑い町の常連としてよく名前があがる群馬県館林市。2007年に40.3度を記録してから、「日本一暑いまち」を売りに地域活性化を図ってきました。ところが、6月に「アメダス(地域気象観測システム」の移設があって、観測値の平均が、もとの観測地点より0.5度低下。全国最高気温の観測地として名前が出てこなくなったそうです。今後、「日本一」の看板を下ろすかどうか、悩んでいるとのこと。自慢できることでもないと思いますが、「日本一」の響きは魅力なのでしょうね。(清水)

【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *9月5日 19日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
 * 9月 8日(土)(雨天中止)
 * 9時30分〜12時 五月山体育館の下
 * ゴミ清掃・草刈り
里山・あそび隊  第4回活動(雨天26日に延期)
 *8月19日(日)  9時30分〜14時
 *集合 緑のセンター 9時15分
 *活動テーマ『野外でクッキング』

 *飯ごうでご飯を炊いてカレーライス作り
モニタリング1000調査
<チョウの調査> (雨天中止)
  8月28日(火) 9時     緑のセンター
<植物調査> (少雨決行)
 *9月 2日(日) 8時30分  緑のセンター