緑のセンターに入る小さな橋(杉ヶ谷橋)のたもとに、大きな「モミジバフウ」があります。緑のセンターができたときですから、30年余り前、植木屋さんから寄贈を受けて植えました。植えた地がよっぽど生長に適していたのでしょう、緑のセンター入り口から眺めると、向かいの五月丘小学校の4階建ての校舎がほとんど隠れるくらい伸び伸びと枝を伸ばしていたのですが…。9月4日2時過ぎ、ゴーゴーと吹く嵐の中でモミジバフウを眺めたとき、我が眼を疑いました。なんと見えないはずの校舎が見えています。モミジバフウの太い枝が、樹高の半分ぐらいで軒並み裂けて落ちてしまったのです。池田市内で、最も紅葉がきれいな木だと自慢していたのに、残念なことです。再生してくれるとは思いますが、また長い年月がかかるでしょう。
中川代表から、「緑のこだまの雑記帳」の原稿を預かったのは9月2日。それまでの「災害復旧作業」について触れてもらっていますが、4日の台風21号で、すがたに広場の風景も一変。あちこちで折れた枝が、道や広場を覆い、また初めからやり直し…ということになりました。太い枝がこれほどまで折れたことは記憶にありません。昨年10月の台風21号も強い風が怖かったのですが、このときは根が起きて木が倒れました。今回は木が倒れるのではなく、中途で幹・枝が裂けているのが目立ちます。瞬間的に、非常に強い突風に襲われたからだろうと思います。
今年の台風21号は、「非常に強い勢力を維持したまま日本に上陸」しました。なんと25年ぶりとのこと。「非常に強い台風」とは、最大風速が44m/s以上の台風を言いますが、台風の通過に伴い、大阪でも1961年以来57年ぶりの45m/s超となる47.4m/sを記録したそうです。
ハイキングコースも倒木だらけ。「通行止めのお知らせをした方がいいのでは?」という通報が来ていますが、見て回ると、ハイカー自身で、なんとか通れる道を開けてくれています。街の中が片付くまで、しばらくお任せしておこうと思っています。
悲惨な状態のすがたに広場ですが、幸いなことに修理したての炭焼き小屋の屋根は無事。ただ、小屋の内部がひっくり返って壊れているので整理が必要です。(清水)

【関連行事のご案内】

平日作業日 (毎月第1・3水曜日 雨天中止)
 *9月19日 10月3日
 *9時 緑のセンター集合・道具持参
杉ケ谷川活き生きプロジェクト
 * 10月13日(土)(雨天中止)
 * 9時30分〜12時 五月山体育館の下
 * ゴミ清掃・草刈り
里山・あそび隊  第5回活動(雨天30日に延期)
 *9月23日(日)  9時30分〜14時
 *集合 池田駅前 てるてる広場 9時15分
 *活動テーマ『水の中の生き物をつかまえよう』

 *余野川(中川原橋近く)で川遊び。
  魚など水にすむ生き物を探します。
モニタリング1000調査
<チョウの調査> (雨天中止)
  9月15日(土)13時     緑のセンター
<植物調査> (少雨決行)
 *10月7日(日) 8時30分  緑のセンター