1月27(土) 9:30〜12:00 曇り 参加人数  2名 活動場所 五月山:すがたに広場
活動概略 前日の雪で延期となった本日の活動参加者は2名。ピザ用の薪割りをした。

1月20(土) 9:30〜11:30 晴れ 参加人数  13名 活動場所 東畑:節句山
危険予知管理
@傾斜地作業 ⇒ 上下同時作業をしない。
A  〃   ⇒ 滑落に注意。
B伐採    ⇒ 倒す時、周囲に気配り。
活動概略 今週は3月下旬の気温が続き、本日は快晴で日差しを浴びると冬を感じないくらい。大寒を迎えて来週は今冬最大の寒波が来るとか、 まだまだ寒さは続くがエコーの高齢者は元気そのもの。今回は、節句山南側と1年余り手入れをしていない竹林の整理の2班に分かれて作業をした。南斜面の枯れ木はすべてカシで、 現場の土留め用に使った残りの中から薪に使えそうな材を選んですがたに広場へ搬送した。
作業内容
@ 節句山南斜面の整理
当初は尾根の枯れ木の整理を予定していたが南斜面を登り始めると旧段々畑の2〜6段目に大量の枯れ枝が散乱、しかもかなり太いものが多い。 枯れた後も持ち堪えていたものが昨秋の台風21号で一気に折れて落ちたものと思われる。その本元の上部が落下した枯れ木が5、6本ありチェーンソーで伐採したが幹の外側から半分は朽ちてグサグサになっている。 落ちた枝と伐採して丸太切りしたものを集めると、あちこちにかさ高い枯れ木の小山?となった。
また、上方から大量の水が流れ落ちて下方の2段に崩落した箇所が出来ていた。このまま放置しておくと更に広がる可能性があるので伐採した枯れ木の中から比較的丈夫そうな物を選んで土留めを施した。
A 竹林の整理
枯れ竹の伐採と積み込みを行った。
ひやり はっと
(・_・;)
該当なし。
                                                              (西原)

   枯れ木の伐採

   丸太切りして集積
 

   枯れ枝の拾い集め

  集めた枯れ木と枝  @

      〃    A

   土留め  
右の画像はすがたに広場のハッサクの木。ネットを被っているので果実が見えないように感じますが、 実際に成っていません。 16日に行ってみてビックリ。『昨年も収穫できなかった』 との事だったので今年は11月末に害獣防護ネットを張って、収穫を村山さんにギャランティしたつもりでした。ネットを括り付けたヒモとネットに乱れはなく、 どうやら全身茶色のサルでなく、頭だけ黒毛のサルの仕業。『1月活動日に収穫してから1ヶ月間追熟し、2月の活動時には食べられるかなぁー』と村山さんと話していたので残念。害獣に食べられなかっただけ良かったかもしれません。
  すがたに広場のハッサク

1月14(日) 9:30〜11:30 晴れ 参加人数  7名 活動場所 細河:東山町
危険予知管理
 木の伐採⇒ 倒す時、周囲に注意。
活動概略 今年一番の寒波の襲来で北日本・北陸・九州の一部・西日本の日本海側は道路や交通機関に影響が出ているが近畿の中部・南部の平野部は低温ながらも雨量が無く、 降雪は殆どない状態。東山町の雑木林もまったく白いものが見当たらない。作業初めはさすがに寒く、コートを着たままだったが次第に温まるもののコートを脱ぐほどにはならなかった。
作業内容
@ 枯れ木の伐採
上部の枝が4割ほど朽ちて落下している径20〜30p程の枯れ木を5〜6本伐採し丸太切りして薪用にすがたに広場へ搬送。。
A 枯れ枝の拾い集め
入口から20mくらい入って上ったところに昨年の21号台風で切れて落ちたと思われる枝が無数に散乱していた。周囲を良く見るとその落下枝の山側に、 今回持参のチェーンソーでは手に負えそうにない枯れた大木があり、その産物のようだ。
ひやり はっと
(・_・;)
該当なし。
                                                              (西原)

   枯れ木の伐採  @

   〃    A

  散乱した枝の拾い集め @

     〃    A

    〃    B

  散乱した枯れ枝の集積

    下草刈り

  丸太切りして搬出 @

     〃    A

              写真提供   西原