12月15(土) 9:30〜12:00+(午後納会) 晴れ 参加人数  13名 活動場所 五月山:すがたに広場
危険予知管理
@丸太切り ⇒ 転がり落ちる可能性があるので作業の下側に立たない。
A波板貼り ⇒ 滑り落ちないよう万全の注意を。
活動概略 12月中旬とは思えない暖かさ。今月も21号台風の被害木の処理作業を行ったが、我々の管理テリトリーだけでもまだまだあり、五月山全体では相当多いと推測される。 良きにつけ悪きにつけ改めて自然が与える影響の甚大さを思い知る。先月に続き、五月山をアピールしてクラウドファンデングを進める為に市役所職員を含め5名ほどのスタッフが参加した。 午前中で作業を終えて午後は飲食をしながら歓談をして今年の作業を終了。
作業内容
@ 被害木の整理
園路沿いの倒木の丸太切り、枝葉の処理をして整理した。
A 伐採
たすがたに広場入り口の景観を妨げ、倒れる危険性もある巨木を伐採した。
B 炭焼き小屋の屋根葺き替え
8月に作業を残した屋根西側の波板貼りを行い、今回で葺き替えは完了した。
ひやり はっと
(・_・;)
該当なし。
                                                                                (西原)

   波板貼り

小屋前に時期外れの
  彼岸花科   ?3輪

12月9(日) 9:30〜11:45 晴れ 参加人数  12名 活動場所 東畑:節句山
危険予知管理
@チェーンソー使用 ⇒ 倒す前に注意喚起。
A斜面地作業 ⇒ 足場を確保してから作業を始める。
活動概略 南側斜面の下方は昔の段々畑(果樹)の跡地で、大径木の根が踏ん張るには一段毎の幅は狭すぎるのかもし知れない。 加えて陽光の射す南側に傾く植物の習性が下方(南側)に倒れ易くしている。今回は休憩時間や作業中に当該以外の話に花を咲かせる人がおらず、黙々と作業を行えた事もあり、 時間の経過も忘れて活動終了予定時刻まで目一杯作業を行い、画像でも分かるように成果の大きい活動が出来た。
作業内容
@ 被害木整理
チェーンソー大型2台は太い幹を、小型2台を枝切りにフル稼働し、葉の付いた細い枝は鋸で処理して効率良く作業をこなした。地表3mの所から折れてぶら下がっていた枝は3ヶ月を経過し、葉が枯れて茶色になって見苦しい状態になっていたので滑落に注意しながら登って切断した。これらも含め南斜面のかなり上部に渡った倒木を処理したので通路から見ると非常に明るくなった。
ひやり はっと
(・_・;)
該当なし。
                                                                                 (西原)

  倒木の丸太切り @

     〃  A

      〃  B

     〃  C

      〃  D

  倒木の枝葉の処理  @

    〃  A

      〃  B

      〃  C

     〃  D

 倒木の枝葉の処理  E

 倒木の枝葉の処理  F

  幹上部で折れた枝の切断

  丸太切りして集積  @

     〃  A

 処理して集積した枝葉  @

    〃  A

  集合場所の対岸のモミジ

    〃  A

集合場所経路の落ち葉のじゅうたん

              写真提供   西原